伝統的な金融秩序を目指して、全世界の金融科学技術DeFiサミット(香港)は空前の盛況。

01-04    

伝統的な金融秩序を目指して全世界の金融科学技術DeFiサミット香港は空前の盛況。

時代は前に向かって発展していが、ブロックチェーン業界もだんだん3.0時代に入っている。ICOは基本的に資金調達能力を失い、DeFi台頭に伴って市場も変化し、暗号化資産は基金配置の他の投資資産となっている。間違いなく、DeFiは2019年に最もホットな分野の一つであり、DeFiのビジョンはすべての資産がトークン化され、自由に世界で開かれた市場上で取引できることである

一、量から質的に変化する道路で、GCAは一歩一歩をかためて進む。

12月12日-13日に韓国済州神話リゾートホテル-藍鼎で盛大に開催された後、GCAの総スポンサーによる全世界の金融科学技術DeFiサミットの第二は12月30日に中国香港九竜シャングリラホテルで盛大に開幕した。東北アジア韓国から東アジア金融センター香港に転戦して、変更したのは地理的な方位だけではなくて、更にGCAグローバル戦略の変革と昇格であり、GCA中華区市場配置の盛大なオープンも予告してい

このため、今回の大会は、GCAグループアジア布道大使DR.Nicholaskhoo ka Hien、GCAグループCEO DR.Josh Holt、GCA学院長DR.Daniel Ang、MXチーム首席技術官及び分析制御士DR.Sey Elliot、ECチーム首席契約計画とリスク制御士DR.AmitSadhwaniHT首席技術顧問とリスク制御士DR.Anil Jasonなどのゲストが出席したほか、中国の有名な経済学者、経済学博士、中央財経大学教授、中国世界経済学理事の王福重氏を招いて、大会のために講演報告を行い、公衆のために全く新しいDeFi金融世界を現す。

香港は世界四つの金融センターの一つであり、DeFiは現在世界で最もホットで最先端の金融科学技術であり、両者の強力な結合は天地を変える激しい化学反応に相当する。加えて、世界的なデジタル資産グループGCAの強力な支援は、この大会は、世界的な金融分野でよく知られてい。前回の韓国会議では、世界中の千社以上のメディアが盛況を伝えその中でも特に中国、イギリス、日本、韓国、インドネシア、ベトナムなどの地域が目立つようになり、大きな社会討論と注目を集めた。

今回の香港大会は全世界の金融科学技術DeFiサミットの世界的影響力をより一層の上位レベルに上げさせると固く信じている。このような量的変化が質的変化を引き起こし、グローバル金融分野でのGCAの核心的地位を一挙に打ち立て

二、金融と科学技術の完璧な二重奏、GCAは満足できる成果を達成

12月30日午前10時から、全世界の金融科学技術DeFiサミットは万人の期待で開幕し、厳粛に全世界の金融センターでその到来を宣言し。総スポンサー代表GCAグループ最高経営責任者Josh Holtが最初に登場して大会のために開幕の挨拶をした。Josh Holtによると、技術はいずれも成熟した曲線を走り、業界は必然的に高潮と落ち込みを経験する。現在のブロックチェーン業界にとっては、ちょうど谷底から抜け出したばかりだかもしれない。Libraの発売及び各国がデジタル通貨に対する重視を強めた後、業界は前のバブル期を経験したことを加え、ブロックチェーンの発展は途中で着実な推進期に入った。DeFiはブロックチェーンと金融の完璧な結合産物で、次の10年間の強い風口になるかもしれない。今回の大会はもっと多くの人にDeFiを理解して注目させ、DeFiの世界発展を共に促進することを最終目的とする

その後、中国の有名な経済学者、経済学博士の王福重教授大会にビッグ級「ブロックチェーン技術革命と暗号化通貨投資」について発言した。王教授はDeFiの将来の見通しは計り知れないと考えてい。DeFiの参入ハードルが低い、信頼性透明性開放性が高く、ライバルリスクがない、低コスト、組み合わせ可能、プログラミング可能などの多方面の特徴から、DeFiは最も普恵金融を実現する可能性の高い金融科学技術方式の一つである。具体的には、」とは誰でも参加できること、「低コストのこと金融」とは真実で公平で効果的な効用とリスクの交換をいう

理論の後、MX、HT、ECの3つのオペレーションチーム専門的なテーマスピーチを発表し、出席者のためにデジタル通貨の委託取引とヘッジ取引などの方法を詳しく展示した。理論に限らず、上位構造にとどまらないことは大会の主旨であり、GCAの指導思想でもある。

理論実践と組合せ、金融科学技術と連動し、GCAは自分の素晴らしい結果を達成しているだけではなく、更に自分の独特な特色のある道を出て行って、他の追随を許さないほど優れる

三、迫力パターンを決め、GCAは行動でその実力と価値を証明する

午後の会議では、GCA商学院長のDaniel Ang先生による「デジタル資産取引金融分析の勝利の鍵」は現場の参会者の関心を集め。Daniel Angは、現在のDeFiは主に通貨発行、全世界支払い、抵当ローン、トークンファイナンス、資産取引、貯蓄投資信託の6つの分野に応用され、どのように科学的かつ合理的にデジタル通貨の価値を見積もるかが極めて重要であり、賢い投資家は主に技術、応用、生態、ユーザーなどの4つの領域からデジタル資産の価値を評価すると発言した

その後、金メダル講師とGCAグループアジア布道大使DR.Nicholaskhoo ka HienによるGCAグループの紹介と共有は、Daniel Ang先生の思考理論を十分に検証した。間違いなく、GCAは基礎技術からビジネス応用まで、5つの生態から全世界のユーザーまで完璧に合致する価値資産である。しかし、それだけではなく、GCAは米国、オーストラリアなどの金融ライセンス及びカイマン、シンガポールファンドのライセンスを持っていて、合法性とコンプライアンスを備えるとともに、より強力な運営チームの支援で、設立してわずか数ヶ月でユーザーは全世界に広がった。このような発展速度はその技術と生態の力強いサポートによるものである

GCAは創立当初から世界に目を向け、グローバルなデジタル資産管理グループを作ることに取り組んでいて、デジタル資産を使って伝統的な金融を変え、旧来の世界秩序を変革するという迫力は普通の人が達成できるものではない。迫力だけでなく、実行力も讃嘆されるほど強い。半月ぶりに、GCAは韓国と中国の両地で世界会議を開催し、世界にGCAに属する金融の声を出す。これは迫力だけではなく、さらに強大な実力が必要だ。

いくら言っても無駄。GCAは行動で想像するだけで実力と価値得られないことを世の中に伝え。行動こそ、価値を検証する唯一の基準である。GCAだけ実力派、価値派である

免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。