村上春樹:NFT作品がBOBOに掲載

07-05    

村上春樹は現代日本の小説家である。1973年に早稲田大学文学部演劇学科を卒業。主な作品に「ノルウェイの森」、「風の歌を聴け」、「レキシントンの幽霊」、「百パーセントの女の子」、「村上春樹の文学における音楽」などがある。

アートやコレクターズアイテムと密接な関係にあるNFT(Non-Fungible Tokens)は、近年、世間で注目されています。村上春樹氏もこの市場に関心を持ち、BOBOのNFTプラットフォームで作品を発表する予定です。以前からNFTに興味があり、今後の発展を楽しみにしていたという。これを受けて、NHKの佐藤記者は、6月30日の東京時間13時(UTC/GMT +9)に村上春樹氏の自宅を訪れ、この問題について独占インタビューを行った。

佐藤記者:村上さんは、文壇ではとても有名な方です。NFTはどのようにして注目されたのでしょうか?

村上春樹さん:作品があるからこそ、一般の方も私のことをある程度知っていると思います。私はプロの小説家として、35年間書き続けています。この事実には今でも驚いています。

私がNFTに出会ったのは、友人とのおしゃべりがきっかけでした。ある日、アーティストの友人の家に行くと、たまたま他の友人がいました。作品についてNFTの話をしていました。

佐藤記者:最初にNFTのことを聞いたときは、ショックを受けましたか?

村上春樹さん。実は私の友人は、2017年の時点で早くもNFTを紹介され、コレクションの旅に出ました。今でも、彼はあらゆるNFT作品を集めています。

おそらくずいぶん前に聞いていたと思うので、最初はショックを受けず、興味や好奇心を感じていました。友人たちと一緒に学んでいくうちに、私もNFTに興味を持つようになりました。NTFは、一般の人々が文学や芸術作品を知るための方法を、確かにある程度解決してくれました。

レポーター佐藤:村上さんのNFTに対する考え方をお聞かせください。

村上春樹さん。最初にNFTに触れた後、私はNFTと文学作品を組み合わせて、NFTを通じて文学者のキャリアアップを図ることも考えていました。というのも、私の知る限り、文学者の多くは、いまだに伝統的な表現をしているからです。

実際、BOBOやOpenSeaのようなNFTプラットフォームは、この分野を長い間模索してきました。デジタルアーティストや愛好家がNFTに興味を持っている限り、彼らはプラットフォーム上で自分のNFTを公開し、デジタルで作品を展示することができ、愛好家がNFTに触れる機会を増やすことができます。これは文学にも言えることだと思います。作家は自分の感情や共鳴、経験をもとに、一定の期間内に作品を完成させます。その作品は、その作家の貴重な時間の結晶でもあります。これは、NFTの本質と同じです。

レポーター:先ほど、NFTを文壇に紹介したいとおっしゃいました。何か具体的な計画があるのでしょうか?

村上春樹:私自身がこの分野に挑戦し、文壇を代表して声を上げていきたいと思っています。もっと柔軟に、面白く、アーティスティックに読者と接することができるはずです。近いうちに、この分野に貢献するために、自分でNFTを発行することも考えています。

レポーター佐藤:NFTをどのプラットフォームで公開するか検討しましたか?

村上春樹さん。私が知っている限りでは、BOBOやOpenSeaといったNFTのプラットフォームは、スペース的にも開発の見通し的にも良いと思います。OpenSeaはフルカテゴリーのNFTプラットフォームとして幅広い範囲をカバーしていますし、近年誕生したBOBOは、アート、コレクション、文学の組み合わせに注目しており、作品にとってより良いオープンな環境を提供しています。私たちのような人間にはそちらの方が適しているのかもしれません。NFTはまだ数年しか経っていませんが、今後ますます多くの人が参加するようになると思います。

レポーター佐藤:NFTの今後の展開について、どのようにお考えですか?

村上春樹氏:実は、文壇に限らず、質の高いデジタルコレクションなどの資産は、NFTを通じて私たちの生活に浸透しています。NFTの存在は、逆に美術品や文学作品のモビリティを大きく高めることになります。私がBOBOのようなバーティカル・フィールド・プラットフォームに大きな期待を寄せる理由のひとつです。

物理的な商品は、確かに物流や取引のボトルネックがありますが、NFTはそうした問題を解決してくれます。現在、NFTの応用範囲はまだ比較的広いと思われます。これまでの分野に加えて、保険や債券、オプションなどの分野でも活躍する可能性が高いです。

将来的には、NFTの一部を所有することができるようになると思いますが、それも簡単だと思います。




免責事項:この記事は他のメディアから複製されています。転載の目的は、より多くの情報を伝えることです。このウェブサイトがその見解に同意し、その信頼性に責任があることを意味するものではなく、法的責任を負いません。 このサイトのすべてのリソースはインターネット上で収集されます共有の目的は、すべての人の学習と参照のみです。著作権または知的財産権の侵害がある場合は、メッセージを残してください。